仕事の悩みを相談したら「甘え」と言われた人へ【基準なんてない】

会社という組織で働いてる以上、たくさんの人と関わり合って仕事を進めていきます。

すると、当然なんらかの悩みが出てきます。

  1. 思ってた仕事と違う
  2. 仕事に行くのが辛い
  3. 〇〇をしたくない
  4. 人間関係がしんどい

 

こういった悩みが出てきて、仕事に行き詰ってしまったら上司に相談しますよね。

しかし、上司からは「甘えるな、仕事なんだからしっかりしてくれ」のような心無い言葉で済まされてしまう…

こんな経験があると思います。

「甘いかどうか」はその人次第

この記事を読んでいるということは、あまり社会人歴が長くないんだと思います。

そんな若手だからこそ、日々働く中で色んな仕事の悩みが出てきて、その悩みを先輩や上司に相談してることでしょう。

今回のポイントは「そこ」です。

まだまだ経験の浅い若手社会人であるあなたが、色んな苦難を乗り越え、たくさんの経験をしてきた上司に相談すると考え方の「ギャップ」が生まれます。

あなたは壮大な悩みだと思っていても、上司からすると小さな悩みのように受け取られてしまいます。

その結果、「仕事なんだから当たり前だ、甘えるな」なんて返答がきてしまったり…

そもそも、あなたと上司は生きてきた時代が違います。

時代が違えば受けてきた待遇が変わり、その結果「仕事に対する常識」も変わってきます。

だからこそ「甘いかどうかなんてその人次第」なんです。

また、世間では「働き方改革とか〇〇とか…なんか時代が変わったよね」という言葉が飛び交うようになってきています。

当然、今と昔では制度や価値観が変わっているので、上司だって「甘いかどうかはその人次第」と理解してるはずです。

では、理解しているのにどうして「甘え」など言ってくるんでしょうか。

「仕事なんだから甘えるな」に込められた意味

どうして人は「甘えるな」という言葉を発するんでしょう。

わたしは「自分はそうしたくてもできなかった、でも必死に努力して解決してきた。だからお前も自分で努力しろ」だと思ってます。

でーくん

そんなの知らんがなって話なんですけどね

上司が若かった頃は「自分で何とかするしかない」という時代だったかもしれません。

そして、そんな時代で生きてきた上司には、あなたが抱えている「悩み」が悩みのうちに入らないのでしょう。

だから「甘えるな」という言葉が出てきてしまう。

逆にいうと「甘えるな」と言う人ほど「甘えたかった人」でもあり、そういう人は自分が甘えれなかった反動で他人に厳しくしています。

もし、上司が「甘えるな」という人間なら、反論なんてせずに「頑張ります」と言って行動で納得させるしかありません。

ただ、悩みの内容によっては、上司が正しいケースや「頑張らないほうがいいケース」もあります。

「甘え」なのか「SOSサイン」を判断する基準

これまで話してきたように、甘えかどうかは「その人次第」の問題になります。

そのため、何をもって「甘え」と判断するのかは非常に難しいので、ここでは「あなたよりも少しだけ社会人歴が長い私が思う、甘えかどうかの基準」としてまとめてみました。

周りから「甘え」だと思われてしまうケース

  1. 朝早くて起きれない
  2. 勤務時間が長くて辛い
  3. 働きたくない

 

これらに該当する場合は「甘え」と言われても仕方ないでしょう。

特に「朝が早い」や「働きたくない」はかなり危険です。

だって、自分から「この会社で働きたい」とエントリーして内定が決まって、きちんと入社前に勤務時間や仕事内容の説明を受けたにも関わらず、嫌だと感じてるということですから。

もしかしたら、何か理由があるのかもしれません。しかし、よっぽどの理由じゃない限り「甘えてる」と思われるでしょう。

自分の言葉や行動、自分で決めたことに対して「なんか嫌だから~」となってしまうのは本当に危険信号です。

身体のことを考えて「逃げるべき」ケース

反対に、下のような理由がある場合は「逃げるべき」です。

もっと具体的に言うと「転職すべき」です。

  1. 人間関係が崩壊してる
  2. 精神的ダメージがある
  3. キャリアアップできなさそう

 

職場の人間関係が修復不可能で誰かが喧嘩してることが当たり前。

「〇〇さんとは喋りたくないから、あなたから伝えておいて」という環境なら居づらいだけでなく、面倒な気遣いが多いのでストレスにも繋がります。

また、会社でストレスを感じていて、精神的なダメージがある場合も同様です。

上司からのパワハラや先輩からの業務の押し付けなど、色んな要因で精神的な悩みを抱えることがあるでしょう。

こうした「精神的な悩み」が自分の許容量を超えてしまい病気に繋がってしまうことだってあります。

そうなる前に精神的な悩みがある場合は転職を考えましょう。

もしかしたら、「会社を辞めると生活が…」と思うかもしれません。

しかし、精神的な病気になってしまった時の診療費や、働けない期間の収入がなくなることを考えると「我慢して精神的な病気になってしまうこと」の方が影響が大きく、損害も計り知れません。

嫌なことがあっても我慢できるかもしれませんが、コップの水があふれるように人間にも限界があります。

でーくん

自分の「心の声」を聴いてあげてください