【マジ無理】上司と価値観が合わない人へ

一つの物事に対して何に価値を感じるかは人それぞれ。

私たち若者と昭和の時代を経験している先輩たちを比べると全然違いますよね。

これは情報量が増えたことが原因だと言われています。

技術が進化してスマートフォンが普及したことで気軽に情報へアクセスできるようになったのが大きいようです。

そこで、今回は「仕事の価値観」についてお話していきます!

でーくん

上司と価値観が合わない人に向けです!

価値観が合わない人と仕事するのってめちゃくちゃしんどいですよね…

可能なら同じ価値観の人と仕事したいですが、そう簡単に他人の価値観を変えることはできません。

この記事では「価値観が合わない人とどうやって仕事を進めていくのか?」にも触れていくので、今こういった問題に直面している方は最後まで読んでみてください!

社内の評価を気にする上司、社外を想う部下

大前提として、人の価値観は常に変わるものだということを頭に入れておいてください。

そして上司との価値観が合わずに悩んでいる人はあなただけではありません!

ほとんどの社会人が同じような悩みを抱えています。

人それぞれ色んな価値観を持っているので、自分と全く同じ価値観の人だけと交流する…なんてことはほぼ無いと考えておいた方が良いでしょう。

価値観が変わるタイミングは人それぞれです。

  1. 会社での役職が変わった
  2. 仕事内容が変わった
  3. 大きな問題に直面した

他にも様々なタイミングはありますが、価値観が変わるタイミングとして最も多いのは役職や立場が変わったときです。

たとえば、あまり利益にならないAという仕事の優先順位を決める必要があったとします。

あなたは「利益にはならないが顧客から信頼を得るために優先したい」と考えましたが、上司は「会社の利益を考えると貢献度が低いので優先しない」と判断し優先順位を下げることになりました。

あなたは顧客を優先して仕事を進めたいのに上司は会社の利益を優先している…

「こうしたいのに!」というモヤモヤで埋め尽くされます。

このような些細なことでも価値観が違うだけでも、あなたにとって大きなストレスに繋がります。

しかし、残念なことに会社ではよくあること…社会人として生きていると避けようがありません。

だったら、価値観の違いをストレスにするのではなく、価値観が合わない人と「どのように」仕事をしていくか…一緒に考えていきましょう。

価値観が合わない人と仕事をするコツ

ここでは価値観が合わない人と仕事をするためのコツを紹介していきます。

  1. その人の良い面を探す
  2. 気分転換をする
  3. 仕事だけの付き合いと割り切る
  4. 価値観が合う人のコミュニティーに参加する

それぞれ見ていきましょう。

その人の良い面を探す

価値観が合わないからといってその人を全否定してしまうのはあまりに勿体ないです。

せっかく成長の機会があるのに見落としてしまうだって可能性があります。

先ほどの例でいうと、利益を優先する上司は会社に対する貢献度は高いと言えますよね?

会社は利益を出し続けて事業を拡大していくのが本質なので上司の考え方は間違えではありません。

対して、若手社会人だと「利益追求」という感覚は掴みにくく「顧客へ貢献して感謝してもらう」ことに注力してしまいがち。

これってどちらの考えも決して間違えておらず、両者とも素晴らしい考え方なので会社には必要なことです。

このように、どちらの考え方も正しいですし、「え?」と感じる上司にも見習うべき点もあるはず。

頭から否定するのではなく「他人の価値観を認める」ことも大切です。

気分転換をする

計画的に気分転換を取り入れましょう。

価値観が合わない人と常に一緒にいるとストレスが溜まります。

いちいち反応していると体にも良くないですし、仕事の生産性も下がってしまいます。

この気分転換は、仕事中に取り入れるリフレッシュでも良いですし、定時後に趣味に没頭するなど工夫して取り入れていきましょう。

仕事だけの付き合いと割り切る

仕事だけの付き合いだと割り切ってしまうのも一つの考え方です。

若手のうちは仕事の人間関係を重く捉えがちです。

この上司と一生仕事するのか…

こんな考え方はやめましょう。

ワークライフバランスという言葉があるように、仕事が人生の全てではありません。

「仕事は仕事」と割り切ってしまえば、身近な価値観の合わない人がいても驚くほど気にならなくなっていきます。

価値観が合う人のコミュニティーに参加する

いつも一緒にいる友達だと価値観が合うので気持ちが楽ですよね。

それと同じで価値観が近い人を見つけて一緒に行動するのがメンタル管理には効果的!

自ら行動して価値観の合う人を探しにいきましょう。

  1. 草野球チームに参加
  2. お料理教室
  3. SNSで探す

上記に限らず何かしらコミュニティを見つけてみてください。

帰宅後や休日に過ごす場所があるだけで自然とプライベートが充実していきます。

こうなると仕事とプライベートの時間がより明確に分かれてくるため、「仕事は仕事」と割り切ることも簡単になってきます。

無理して価値観を合わせる必要はない

ここまでお伝えしてきた通り、価値観を他人と合わせる必要はありません。

むしろ簡単に他人の意見に流されてしまうより自分の意見をしっかり持っていることの方が素晴らしいです。

それに仕事がデキる人の価値観が絶対正しいわけでもありません。

自分の価値観を無理やり押し殺してストレスをためることはやめましょう。自分が大切だと感じることを大事にしてください!